からかい上手の高木さんドラマロケ地はどこ?聖地は何県なのかマップ付きで紹介!

漫画
このサイトはアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を掲載しています。

2024年4月2日より漫画『からかい上手の高木さん』がドラマ化され放送が開始になりましたね。

累計売上1200万部の大ヒット作で、アニメ化もされ劇場版も公開されましたし、2024年の5月には実写映画が公開されるということで、ファンにとっては嬉しい2024年度スタートでは無いでしょうか?

そんなファンの方の楽しみの1つが聖地巡礼だと思います。

今回のドラマや映画でファンになってしまった方は、『からかい上手の高木さん』のドラマロケ地はどこ?聖地は何県?聖地巡礼でマップは無い?という疑問がわいてくるかと思います。

そこで今回は『からかい上手の高木さん』ドラマロケ地はどこなのか、聖地は何県なのかをマップ付きでご紹介したいと思います。

この記事が参考になる方
  • 『からかい上手の高木さん』ドラマのロケ地が気になる方
  • 『からかい上手の高木さん』ドラマロケ地への聖地巡礼を考えている方

以下の構成で進めたいと思いますので、気になる部分からお読み頂ければと思います。

からかい上手の高木さんドラマロケ地はどこ?聖地は何県なのかマップ付きで紹介!

『からかい上手の高木さん』ドラマのロケ地(聖地)は香川県の小豆島となります。

小豆島は岡山と香川の間の瀬戸内海・播磨灘にある島で、一年中温暖な気候で自然を満喫しながらグルメやレジャーを楽しめることで人気の島です。

引用元:Google社「Google マップ、Google Earth」

その温暖な気候で育てられたオリーブや四方を囲む瀬戸内海から取れた塩は小豆島名物でもありますので、聖地巡礼の際のお土産として、ピックアップしておくと良いですね。

過去には大家族で有名なビッグダディこと林下一家も小豆島で暮らしていましたね

なぜ、小豆島が『からかい上手の高木さん』ドラマのロケ地であり聖地かというと、アニメの舞台が小豆島に設定されているからです。

アニメの元となる原作漫画においては描かれる舞台を明確に設定はしておらず、どこかの田舎ということでしたが、原作者である山本崇一朗さんは田舎を描くと出身地の小豆島になってしまうというようなエピソードもあったことから、原作では設定されていなかった舞台背景がアニメにおいて明確に小豆島の土庄(とのしょう)町と設定されたことから、ドラマのロケ地もアニメに合わせて、香川県の小豆島にある土庄町となっています。

小豆島町西村日方地区

引用元:Google社「Google マップ、Google Earth」

ドラマのオープニングとなる高木さんと西片が学校に向かう場面で出てくる道です。

また、西片がランニングを開始する場面でも使われています。

高木さんと西片にとっては日常のたわいない会話がはずむ思い出の場所となるので、今後も何度か出てくることが考えられますね。

場所は国道から山側に入った生活道路なので聖地巡礼の際は周辺にお住まいの方のご迷惑にならない様に聖地巡礼を楽しみましょう。

土庄町立土庄中学校

引用元:Google社「Google マップ、Google Earth」

二人の青春の舞台の心臓部!

この場所無しでは二人を語れないくらいの場所ですよね。

この中学校の2年3組で隣の席となった二人。

アニメと同様の教室がドラマに出てきた時に何故か嬉しくなったファンの方もいらっしゃるのでは?

この場所で高木さんの可愛らしい『からかい』と、翻弄されまくる西片の掛け合いが、繰り広げられるので、聖地巡礼からは外せないスポットですよね。

土庄小学校と併設しており、海の近くとあって、教室からでも海を眺められる、学ぶには良い学校ですよね。

潮の香る賑やかな学校で高木さんと西片は楽しい時間を過ごしたんでしょうね。

消しゴムのくだりは、年取った自分の中学時代にもあったなぁと、すごく懐かしく見てました。

場所は土庄町に南側に位置しており、土庄港からもそう遠くは無いので、早めに訪れたい場所ですね。

土渕海峡

引用元:Google社「Google マップ、Google Earth」

いつもからかわれてばかりの西片。

どうにかして高木さんを見返してやろうと、家に帰って体操服に着替えて、距離がある海岸まで走る途中に通過する場所です。

ドラマのシーンで、この場所に到達した時に、信号は青にも関わらずに立止ったのは、一瞬諦めかけたけど負けないぞ!という気持を描いていたんだと思って、『頑張れ西片!』と心の中で応援してしまいました。

この土渕海峡は一番狭い部分が約9.9mということで、世界一狭い海峡ということでギネスに認定されています。

土庄町役場を訪問するとこの海峡を渡ったという、横断証明書が100円で発行されるので、聖地巡礼の証として購入しても良いのではないでしょうか。

小瀬海水浴場

引用元:Google社「Google マップ、Google Earth」

高木さんを見返せると辿りついた自慢の場所がこの小瀬海水浴です。

まさかの高木さんの行動で、一緒に綺麗な夕日を見ながら、高木さんが飲んだペットボトルを渡されても飲めなかった西片に、純粋な心を持っていたことを思い出さされましたw

この海岸は大半が砂ではなく小石の浜辺になってますが、小瀬海水浴の狭い範囲だけは砂浜となっています。

この場所はほぼ小豆島の最西端なので、綺麗な夕日が見るためにも、聖地巡礼の締めで訪れるのが良いと思います。

内海大橋

引用元:Google社「Google マップ、Google Earth」

1話のラストで照れる西片をよそに、嬉しそうに自転車の後ろに乗って2人で渡る橋です。

橋を渡り出した瞬間に高木さんから力強い男性の正体を聞いた後の西片の一瞬ニヤけた顔が少年らしくて良かったですね。

実はこの場所、先ほどの小瀬海水浴からは遠く離れた場所になっていて、ドラマでは「うす家」さんという製麺所側から内海湾を左手に夕日を眺めながら走ってましたね。

こちらも西が海なので綺麗な夕日を眺める事ができますよ。

西光寺 小豆島霊場第58番 奥の院 誓願(せいがん)の塔

引用元:Google社「Google マップ、Google Earth」

第2話の予告映像で高木さんが猫をなでる姿をみて?にやける西片が印象的でしたが、風格ある建物にも目を奪われますよね。

こんな場所で青春の1ページを刻めるなんて羨ましいなぁと思ってしまいました。

この場所は小豆島八十八ヶ所の霊場のうちの1ヵ所となり、多くの人が訪れる場所でもあります。

聖地巡礼に中にお遍路巡りが組み込まれるのも良い思い出になると思うので、是非とも愛を運んでみてください。

こちらの周辺は小路になっており、町内観光駐車場のエンジェルロード第2駐車場に停めて歩きましょう。

また、階段をのぼっていく必要がありますよ。

富丘八幡神社

引用元:Google社「Google マップ、Google Earth」

アニメでも重要なシーンで出てくる富丘八幡神社。

2話まではまだ登場しないと思いますが、ドラマ予告映像でも高木さんと西片二人で楽しそうに富岡八幡宮で過ごしている場面が出てきますよね。

寒い冬に二人は神社でどうすごすのかも、これからドラマを見るうえでの楽しみの1つですね。

こちらは土庄中学校のすぐ近くに建立されてますので、聖地巡礼の際は合わせて足を運ぶこをお勧めします。

とのしょうBASE

引用元:Google社「Google マップ、Google Earth」

こちらはドラマのロケ地では無いのですが、聖地巡礼を楽しんで頂くためにも、先ずは『とのしょうBASE』に足を運んでいただきたいと思っています。

なぜならここは『からかい上手の高木さん』に関する、情報がたくさん詰まった場所だから。

そして、町がオフィシャルで発行しているマップも手にすることが出来ます。

また、ファンにはたまらないご当地限定グッズも販売されていますし、等身大パネルや高樹さんと西片の青春舞台となる教室を感じることが出来る空間になっているので、聖地巡礼の1番目にこの『とのしょうBASE』で気分を上げて聖地巡礼に行けますよね。

場所は土庄港のフェリー乗り場からすぐの場所なので、真っ先に行ける場所でもあると思います。

まとめ

以上、『からかい上手の高木さん』ドラマロケ地はどこなのか、聖地は何県なのかをマップ付きで紹介させて頂きました。

『からかい上手の高木さん』のアニメで舞台設定されたのは、原作者/山本崇一朗さんの出身地でもある香川県の小豆島土庄町になります。

今回のドラマや映画においても舞台はアニメと同様の設定のため、ロケ地は小豆島の中となってます。

土庄町自体が『からかい上手の高木さん』とコラボしており、町全体で聖地巡礼を歓迎しており、『からかい上手の高木さん』の聖地に関する情報やグッズ販売が行われている『とのしょうBASE』に先ずは足を運び、そこからロケ地をまわっていくことをお勧めします。

ロケ地を巡る聖地巡礼には車やバイクなどの交通手段が欠かせないと思いますので、くれぐれも周囲の方々に迷惑のかからない様な配慮で、お互い楽しく『からかい上手の高木さん』と小豆島を盛り上げていきましょう。

ドラマ『からかい上手の高木さん』のロケ地マップを作ってみましたので、聖地巡礼の際に参考にして頂ければと思います。

引用元:Google社「Google マップ、Google Earth」

コメント

タイトルとURLをコピーしました