キングダムネタバレ?798話最新話確定速報!倉央が糸凌と奇跡の再会を果たす!

キングダム
このサイトはアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を掲載しています。

国境近くまで無事に撤退してきた王翦軍。

夜営でつかの間の休息の中、息子であり天下の大将軍を目指す王賁に、自分が側近として支えるべき総大将王翦を託して、この番吾の戦いでやり残したことをやるために、王翦軍を離脱することを伝えた倉央。

いったい何をする気なのか?と気になる前話からの続きとなる、キングダム最新話798話の確定速報をお伝えしていきたいと思います。

当然ながらネタバレが含まれることをご了承ください。

尚、この記事は以下の内容を引用し作成しております。

引用元
  • 著者名:原 泰久
  • 本のタイトル:『キングダム 第798話 愛する女』
  • 出版社:株式会社集英社
  • 出版年月日:2024年5月30日
  • 掲載貢:75~94

考察本を安く読むならebookjapan!/

\初めてなら70%OFFの215円で読めちゃう!/

キングダムネタバレ798話確定速報! 

覚悟を決めた倉央がどこに向かい何をするのかが気になった前回からの続きは、秦平・趙兵の亡骸で埋め尽くされた広い戦場跡のシーンから始まります。

覚悟を決めた倉央がどのようにして、この戦場跡に登場するのかが、いきなり気になってしまいますよね。

一方、倉央がどうやって王賁を振り切ったかが気になる所ではありますが、そこはあまり気にせず次なる展開を楽しみましょう。

それでは倉央が向かった先が判明した798話の内容を順に説明させて頂きます。

キングダムネタバレ798話最新話の確定速報!/番吾の戦いの後処理

秦軍が国境近くまで敗走したことで、趙軍の勝利で終わった形の『番吾の戦い』

明らかに秦軍にとっては大打撃ですが、秦軍もこの戦いの事実的な総大将であった青歌城の城主司馬尚を討つべく、鬼神の様な攻撃をみせた亜光軍や田里弥軍によって、決して被害が少なかったとは言えない状況。

そんな闘いの後処理として、一般的には敵に対してはとどめを刺し、味方であれば息があれば連れて帰り、息絶えていればその場で埋葬するのですが、今回の趙側は青歌兵はどんな形であれ青歌に連れて帰るということで、通常と異なる後処理を行っています。

キングダムネタバレ798話最新話の確定速報!/カンサロの『番吾の戦い』の予想と結果

後処理を行うカンサロの軍。

天幕の中で、今回の戦において青歌兵もそれなりの犠牲を出したことを悲しんでいる様子。

その中でジアガの配下であるジガンはカンサロの想定通りでは?と問いかけます。

カンサロもある程度の犠牲は想定していたものの、全く想定していなかったのがジアガの死。

契りを結んだジアガだけに、その死は耐えがたきものにも関わらず、表情を変えず将として立ち振る舞う姿に、なんてイケてる奴なんだと思ったのは私だけではないはず!w

ジアガの死に対する悲しみと、秦軍への怒りが込みあがっている天幕内に一報が入ります。

それは捕えた秦兵が将軍であり、カンサロに会いに来たというもの。

キングダムネタバレ798話最新話の確定速報!/倉央が取った行動は投降

カンサロの天幕に連れられたのは手を縛られた倉央!

えっ?糸凌の仇打ちに出たのに出撃シーンも無く捕まったの?と思いますよね。

掃討隊を蹴散らしながら鬼の形相で糸凌を探すとの私の下手な予想はあっさりと裏切られ、覚悟を決めた表情の倉央が手に縄を掛けられた状態でカンサロの前に連れてこられます。

カンサロに話があって投降してきたという倉央。

一人で包囲網に飛び込んでもすぐさま討ち取られて倉央がやり残したことが出来ないくらいならということで、敢えて自ら捕虜になった様子。

怒りに任せて動かないところが倉央の賢いところでもありますよね。

先程までジアガの死を悲しみ、秦に対する怒りがこみ上げていたジアガの配下達は、倉央と相対していたことに気付き、ジガンが今にも倉央の首を切ろうと憤ってる状態。

そこを冷静に殺す前に話を聞くという、やっぱりイケてるカンサロ。

それでも話を聞くまでも無く、倉央が敗戦の将として趙に亡命してきたと決めつけるジガン。

亡命ではないと答える倉央に仇討ちかと問うカンサロに、仇討ちでもないと再度返答する倉央。

何かあると感じたカンサロはうるさくて話が進まないジガンを一旦下がらせて、倉央に投稿した理由を問います。

キングダムネタバレ798話最新話の確定速報!/倉央の想い

投稿した理由を問われた倉央。

暫しの沈黙の後に口を開きます。

『愛する女はいるか?』と。

それはカンサロだけではなく、ジガン含めた趙兵全員にその質問を投げかけます。

亜光や麻鉱とは一味違うと思っていた倉央は敵と武で語りあうのではなく、愛をもって語り始めます。

自分にはもったいないほどの女性でありながら、総大将王翦の為に糸凌を置いてきてしまったことを悔いる倉央。

それは側近ならば戦況的に致し方なかったのではと倉央に同情するカンサロ。
(やはりイケてるやつ)

糸凌がこのまま戦場跡のどこかで朽ち果てることが耐えがたい倉央は涙ながらカンサロに訴えます。

この戦場跡から糸凌の亡骸を捜し出し、糸凌を最後に抱きしめさせてくれ

愛する女性を殺されて、怒りをもとにした仇討ちに走るのでは無く、ただただ糸凌の最期を見届け、最終的には自分も後を追って側に寄り添ってあげたいという倉央の想いは、仇討ちが憎しみを重ね合うだけで何も生まれないと悟ったものだと感じてしまいます。

どんな姿形でもいいので自分の人生の最期で糸凌に会いたいことを涙ながらに懇願した倉央の熱い想いにグッときましたね。

キングダムネタバレ798話最新話の確定速報!/やはりいい奴だったカンサロとジアガ

拷問に合い八つ裂きにされる可能性もある中で、生涯をかけて愛すると誓った女性のために死を覚悟してまでも、投降し熱い想いで訴えかける倉王を『漢』だと認めるカンサロ。

その鋭い目つきとは裏腹にやはりいい奴だったカンサロ。

同じ趙将でも平陽の闘いで雷土を本当に八つ裂きにした扈輒(こちょう)とは大違いですね。

親友のジアガを討ち取られたカンサロからしてみたら、ジアガを討った糸凌の男である倉央が憎くないはずは無いにも関わらず、倉央を『漢』と認めたあなたの方が『漢』ですと心の中でつぶやきました。

どんな姿でも良いのだな

と倉王に念を押すカンサロ。

既に亡骸は回収済みで、これから辱めを与えるかの様だとも思わせるほど反発するうるさいジガンを横目に、倉央の前に糸凌に関係する何かを運ぶ様に指示します。

それと共に趙童に倉央の手首を縛っていた縄を切らせ、糸凌に関係するものを抱きしめられるようにしてくれます。

ジガンは納得していないようですが、まわりの趙兵達は倉央の熱い思いに心を討たれた感じも受けましたね。

そしてその行動とこれから倉央に見せるものが、親友ジアガならどうするかを考えてとった行動であることを伝えます。

この後に見える景色でカンサロとジアガは強面の見た目と裏腹に本当にいい奴だったと感じれる瞬間でしたね。

キングダムネタバレ798話最新話の確定速報!/糸凌は生きていた!

縄を解かれた倉央の前に持ち込まれたものは物ではなく者!

生きた糸凌の姿がそこにはあったのです。

そして798話の終わりに放ったカンサロの一言がまたグっと来る一言で敵ながら惚れてしまうこと間違い無しではないでしょうか。

気になる続きは799話!

次なる最新話についても予想してみましたので、お時間のある時に楽しんでいただけたらと思います。

次なる最新話の予想はこちら

キングダムネタバレ798話最新話の考察

これより先は798話が公開される前に、管理人が事前に798話を予想したの内容となります。

ことごとく外れた予想を楽しんで頂けたらと思います。

微妙にヒットした部分、大きく外した部分、まだまだ先の話になりそうな部分がありますので、予想内容に対して結果がどうだったかも見ながら楽しんでいただけたらと思います。

キングダムネタバレ798話最新話の考察/倉央が王翦軍を離脱して向かう先は?

王賁にやり残したことがあるので、王翦を頼むと言って次なる行動に出ようとする倉央。

やり残したこととは・・・

当然、どんな形であれ糸凌を秦に連れて帰るというものだと思います。

糸凌は既に息絶えていると察してはいますが、生涯を共に過ごすと約束した糸凌を敵地の趙に置き去りにして自分だけ秦に帰ろうなんては思っていないはず。

普段はチャラい倉央ですが、こと糸凌に関しては実直な姿が伺えるので、必ず糸凌を見つけ出すと信じています。

こんな倉央に愛された糸凌はさぞ幸せだったのでしょうね。

キングダムネタバレ798話最新話の考察/倉央離脱で王賁はどうする?

倉央の離脱を聞いた王賁。

戦に私情を持ち込まない性格なだけに、倉央の感情的な行動に反対すると思われます。

そんなドライな王賁に対して糸凌への熱い気持ちを伝え、人にとって愛情がどれほど重要かを熱く語る倉央を見て、親でありながら過去の隠し子疑惑により、一切の愛情を示してくれなかった王翦を想いつつ、愛情が人を支え、力をくれることを知り、倉央の気持ちを汲み取り、離脱する倉央を見送るのではないかと思います。

倉央の離脱により側近を失った王翦に対して、王賁自身が総大将であり親でもある王翦の護衛を買って出ることを伝えに、王翦が休む天幕に向かっていくのではないでしょうか。

キングダムネタバレ798話最新話の考察/総大将王翦の反応は?

息子である王賁から倉央の離脱と自信が護衛を務めることを聞いた王翦。

冷酷無比とも思える王翦だけに、感情に走った倉央の行動を意味のない行動だと批判すると予想しています。

また、その行動を止めずに感情に流された王賁に対し、倉央が抜けた後の戦力ダウンや、王賁が護衛を行った場合に玉鳳軍の指揮官不在が軍に危険を及ぼすことが理解出来ておらず、将軍の自覚が足りないと諭すのではないかと思います。

非常な言葉を息子にかけながらも、大将軍となるためにも、感情に左右されない冷静な眼が必要であることを伝えていることも考えられます。

キングダムネタバレ798話最新話の考察/糸凌は実は生きていた?

ジアガを討ち取る際に、ジアガより致命傷となる一撃をくらっていた糸凌。

カンサロの慈悲によりとどめの一撃は免れたものの、王翦と共に敗走する倉央を見送ったのちに力尽きたとことが描かれましたが、実はかろうじて息が残っていた可能性もゼロではないかと思います。

というのも、宜安城攻略の際に飛信隊の重戦車軍団である田有達が討たれたシーンは間違いなく田有の死亡フラグが立っていたにも関わらず、砂鬼一家の救護により見事に復活を遂げたことを考えると、糸凌も生きていたということもあり得ると考えたくなりませんか。

ただ、今回ばかりはそれも叶わず、力尽きた糸凌が発見される可能性が強いと思っています。

キングダムネタバレ798話最新話の考察/糸凌を見つけた倉央はどうする?

王翦軍を追ってくる趙の掃討隊を突破しながら、糸凌と別れた戦場まで戻る倉央。

そこで目にしたものは、倉央が迎えに来るのを待っていたかの様に、息を引き取った糸凌を背に乗せたままの馬の姿。

最愛なる糸凌を失い、怒りと悲しみが爆発する倉央。

ここは予想するだけで涙がこぼれ落ちそうな状態です。

泣き崩れた倉央は意を決して立ち上がり、自分の体に糸凌を巻き付け馬上にまたがり、趙の包囲網に突撃していくことが予想されます。

キングダムネタバレ798話最新話の考察/王翦軍を離脱した倉央の前に立ちはだかる壁は?

最愛の糸凌を失い、糸凌に寄り添う為に死を覚悟して趙の包囲網に突撃した倉央の前に立ちはだかった趙将が現れます。

その趙将は奇しくも兄弟の契りを結んだジアガを糸凌に討ち取られた、青歌第1将のカンサロ!

武力は圧倒的に上をいくカンサロに対して、倉央はここでカンサロに討ち取られても、糸凌の元に行けると思っているので、糸凌を背負ったまま臆することなくカンサロに向かって行くと予想します。

一方カンサロもジアガを討たれて仇を取るべく、倉央に向かって一騎討ちを仕掛けます。

ここで、カンサロが瀕死の糸凌を討たずに『すぐにお前の男もあとを追わせてやる』というセリフの伏線回収が始まることになると予想されます。

キングダムネタバレ798話最新話の考察/倉央の前に立ちはだかるカンサロの想いは?

ジアガを討ち取られても激高することなく、瀕死の糸凌を討たずに王翦を追った、冷静沈着なカンサロ。

女性に対しては紳士的な対応でしたが、ジアガを討たれたことの怒りや悲しみはグッとこらえていたのだと思います。

そんなカンサロはジアガを討った糸凌の男である倉央を目の前にすると、仮面の下で表情には現れないにしても、抑えていた感情がフツフツと湧き上がってきます。

共に司馬尚に仕え、自分たちの安住の地となる青歌を守ると決めた、不器用ながらに熱い心を持ったジアガへの想いが爆発し、その想いを乗せた懇親の一撃を倉央に向かって放つのではないでしょうか。

キングダムネタバレ798話最新話の考察/倉央も番吾の戦いで死亡する?

カンサロの懇親の一撃を受けながらもなんとかガードするものの、青歌第一将の重い一撃には耐えられず、ガードした矛もろとも粉砕されてしまいます。

しかし、まだ息のある倉央は最後の力を振り絞り、自分の命と引き換えに、申赫楽が一突きしたカンサロの左腕を奪ってうなだれるのではないでしょうか。

ここでも申赫楽の一突の伏線回収が行われると面白いなと思ってしまいました。

また、合従軍戦にて麃公が龐煖の片腕を土産に最期を迎えたシーンがフラッシュバックするのではないかと考えています。

キングダムネタバレ798話最新話の考察/王翦を追っていた司馬尚はどうする?

王翦の首を狙っていた司馬尚。

大打撃とまではいかないにしても、王翦に迫る中で青歌兵を失ってしまった事に、青歌城主として胸わの痛みを感じているはず。

秦が中華統一を諦めれば、趙(青歌)への侵略も無くなるだろうと、完膚なきまでに秦軍を屠ろうと怒涛の勢いで迫って来てもおかしくないと思いませんか?

糸凌を探しに戻ってきた倉央が、カンサロに深傷を追わせるようなら、ジアガの件もあり部下思いの司馬尚が『これ以上の趙への侵略は許さん!』と剛腕を響かせるのではないかと予想しています。

そうなると倉央の死亡は避けられないので、そうあって欲しくないと思う部分もありますが。

キングダムネタバレ798話最新話の考察/番吾の戦いは本当に終わりなのか?

李牧の作戦と司馬尚の圧倒的な武力により、完全に崩壊した様に見える秦軍。

飛信隊も山の民軍も国境近くまで撤退し、秦の朝廷内にも敗戦の報が届き、政をはじめ文官全員が中華統一が遠のいたことを悟った番吾の戦い。

全軍撤退でほとんど終わった様に見えますが、本当にここで終わるのかが気になりませんか。

原泰久先生のこれまでの構成からすると、メインとなる戦いは50話を超えてきますし、鄴攻めの時は140話を超えるほどの超大作であったことを考えたら、769話から始まった番吾の戦いはまだ30話ほどなので少なく感じてしまいます。

歴史上の大戦でもある番吾の戦いには続きがあると思っています。

キングダムネタバレ798話最新話の考察/秦軍の撤退を確認した李牧はどうする?

立場上やむを得ないのですが、遠くから戦況を見守るだけの李牧。

今回の番吾の戦いでは開戦と同時に自分の罠に引き込むために囮になって飛信隊を蚊帳の外とし、あとは司馬尚に託すという他力本願な部分もあるのですが、敵味方それぞれの武力を推し量っての布陣及び作戦勝ちということですが、ここで終わらないのが李牧なはず。

秦軍の戦力を大きく削り、まはやこの番吾の戦いにおいては戦局を立て直すのが無理だと悟った李牧は次なる作戦に移ります。

それは秦国(政)の野望である中華統一を無きものにするために、秦と趙の国境を書き換えるというもの。

簡単に言うと、調子に乗った秦から取られたものを取り返すということ。

一年前に桓騎を討ち、今回も秦の六大将軍のうちの二人が率いる軍に大打撃を与えており、中華統一という誰もが得をしないと思われている、政の夢を打ち砕くにはこの時期をおいて他は無いということで、更に追い打ちをかけつつ、取られた城を取り返していきます。

この作戦があるからこそ、なかなか動かなかった青歌城主の司馬尚をも協力したのではないでしょうか。

キングダムネタバレ798話最新話の考察/李牧の追い打ちで次に闘う秦将は?

李牧は王翦軍を敗走させるとともに、番吾に攻め入る前に奪われた狼孟を取り返します。

更には過去に奪われた城も取り返すために、趙北部から南下していきます。

王翦、楊端和軍が既に撤退してしまっているので、次に李牧と対峙するのは・・・

ここで番吾の戦い前に突如描かれた伏線が回収されるのではないでしょうか。

まとめ

以上、次なるキングダム最新話798話についての確定速報と確定前の予想を紹介させていただきました。

798話を読んですぐに気になってしまいますが、次なるキングダム最新話の販売予定日は6月6日となります。

コメント

  1. トムソープヤーン より:

    少年誌ならありえないけど、カンサロは糸凌を寝取るとかないよね。それか糸凌に倉央の首を落とさせるとか。ヤンジャンだからへんな勘繰りが…
    ハッピーエンドならええなぁ。

    • けいのすけ けいのすけ より:

      トムソープヤーン様

      コメントありがとうございます。
      斬新な発想ですね♪思いつきませんでしたw
      カンサロがいい奴だと信じているのでその結果を望まず、ハッピーエンドで終わって欲しいです!

  2. ちやる より:

    倉央が敵の元に行ったのは糸凌に会うためだけでなく
    李牧が敵と内通していると噂を流し
    李牧を処刑させるたぬの王翦の策略では?
    と思ってしまいます。

    • けいのすけ けいのすけ より:

      ちやる様
      コメントありがとうございます。
      なるほど、ここから既に王翦が動いていたということですね!
      近いうちに郭開が出てくると可能性が高まりそうですね♪

タイトルとURLをコピーしました