三国志漫画の横山作は電子書籍で読める?無料で試し読みが出来るおすすめアプリもご紹介!

エンタメ

不朽の名作、横山光輝の「三国志」

希望コミックスにて1972年~1987年の約13年間に渡って連載され、当時では珍しいコミック本全60巻という超大作です。

そんな超大作をスマホやタブレットでどこでも見れるようにしたいという方もいらっしゃると思います。

でも、昔のマンガである、横山光輝の三国志を電子書籍で読めるの?という疑問もあるのではないでしょうか?

今回はそんな疑問解消に向けて、横山光輝の三国志が電子書籍で見れるのかを調査してみた結果をお伝えします。

この記事が参考になる方
  • 横山光輝の三国志を電子書籍で読みたいと思っている方
  • 横山光輝の三国志を電子書籍で読む場合にどのアプリが良いかを迷っている方

この記事で分かること
  • 横山光輝の三国志を電子書籍で読めるアプリ
  • 横山光輝の三国志を電子書籍で読む場合におすすめのアプリ

以下の構成で進めたいと思いますので、気になる部分からお読み頂ければと思います。

横山光輝のマンガ「三国志」は電子書籍で読める?

今や2人に1人はスマホを持っている時代。

ちょっと隙間時間や移動時間にスマホを眺めるのも当たり前になっている中で、スマホで手軽に漫画が読める電子書籍の利用率も年々増加しています。

そんな便利な電子書籍を配信しちえる電子書籍サービスも今では30社を超えていて、どのサービスを選んで良いかも悩んでしまいますよね。

そこで今回は懐かしの超大作である横山光輝の三国志が電子書籍で読めるのかを確認するために、電子書籍サービス36社を調査した結果をお知らせしたいと思います。

結論としては上段の3社にて横山光輝の漫画「三国志」が電子書籍で読めることが確認出来ています。

サービス名   配信   全巻無料サービス  試し読み     金額   
eBookJapan×全巻:16ページ330円/冊
LINEマンガ×全巻:13ページ330円/冊
DMMブックス×全巻:13ページ440円/冊
コミックシーモア×××
ブックライブ×××
まんが王国×××
Renta!×××
Kindle Unlimited×××
dブック×××
紀伊国屋書店×××
コミック.jp×××
Amebaマンガ×××
BOOK☆WALKER×××
ピッコマ×××
dマガジン×××
楽天マガジン×××
ブック放題×××
マンガup!×××
U-NEXT×××
少年ジャンプ×××
アルファポリス×××
めちゃコミック×××
楽天Kobo×××
honto×××
マガポケ×××
auブクパス×××
2024年3月10日時点の情報となります

26社の電子書籍サービスを確認してみた結果、eBookJapan、LINEマンガ、DMMブックスの3社で、横山光輝の漫画「三国志」が電子書籍で読めることが確認出来ました。

無料で試し読みが出来るおすすめアプリをご紹介!

漫画や電子書籍サービスによっては、全話無料サービスがあったりしますが、横山光輝の三国志は不朽の名作だけあって、さすがに全話無料サービスは無いようです。

ただ、過去にeBookJapanが72時間限定で全巻無料で読み放題という破格なサービスが展開されましたので、今後も似たようなサービスが無いとも言い切れませんね。

余談ですが、この破格なサービスは「孔明の罠」では?とザワつきました・・・w

気になる試し読みについてですが、調査結果からすると、eBookJapan、LINEマンガ、DMMブックスの3社はどこでも、無料の試し読みが可能となっています。

無料試し読みは全巻可能で、目次を表紙や目次を除いたページは13ページ、若しくは16ページの試し読みが可能となっています。

続いて、各社の特徴を見ていきましょう。

横山光輝のマンガ「三国志」が読める電子書籍サービス①eBookJapan

eBookJapanは横山光輝の三国志を電子書籍で読めるようにした、最初のサービスだと思います。

2017年に全巻無料サービスを行った際には他の電子書籍サービスで配信しているものは無かった記憶があります。

無料試し読みのページ数も他の2社に比べて、3ページ多いこともあり、少しではありますが2社との差別化が出来ていると思います。

購読料は1冊あたり330円となっています。

eBookJapanでは初回ログイン時に最大で70%の割引が6回も使えるクーポンが配布されていたり、金・土・日の週末には20%のPayPayポイント還元もあったり、期間限定でPayPayポイントが当たるキャンペーンをやったりと、PayPayユーザーにとっても嬉しいサービスが充実しています。
(PayPay支払いも可能です)

取扱っている商品も漫画だけでなく、文学書も含めたオールジャンルとなっているので、漫画以外の本を読みたい場合にも使えますし、品数も100万冊以上と豊富な品揃えも魅力のひとつかと思います。

横山光輝のマンガ「三国志」が読める電子書籍サービス②LINEマンガ

LINEマンガでの購読料はeBookJapanと同じで1冊あたり330円となってます。

無料試し読みについはeBookJapanより3ページ少なく、1巻あたりで13ページです。

スマホで無料試し読みをする場合は問題無いのですが、アカウントを持ってない場合にパソコンで無料試し読みをするのは、マウスのホイールが効かないので、若干ですが操作性に欠けるところがあります。

支払いについては、アプリ内で課金するか専用コインを購入する2つの方法があります。

ここでの専用コインとLINEスタンプを購入できるコインとは異なるので注意してください。

取扱っている商品は漫画のみとなりますが、インディーズ作品もあり、漫画のみで100万冊を超える作品数があるので、色んな漫画を楽しみたい方には向いているかもしれませんね。

また、縦読みと横読みを選択できるのは、移動中にはスマホで縦読みし、家に帰ったらPCやタブレットで横読みするという、切替えには適していると思います。

横山光輝のマンガ「三国志」が読める電子書籍サービス③DMMブックス

DMMブックスもLINEマンガと同様に無料試し読みのページ数は13ページになっています。

購読料は1冊あたり440円となっていますが、全巻が29%のポイント還元の対象となっているので、1巻以降をDMMポイントで購入する場合は、事実上313円で購入できるので、eBookJapanやLINEマンガよりも安く買えることになります。

DMMの関連サービスを利用される方にとっては、60巻全て購入すると、7,656円分のポイントを利用することが可能になります。

DMMブックスも無料漫画が豊富でありながら、初回購入時限定で90%OFFのクーポンが配信されていたり、対象商品限定ですが、新刊発売から1週間以内であれば、購入後に95%のポイントが還元されるサービスはありがたいですよね。

また大人向け漫画があるのはDMMブックスの特徴かもしれませんね。

どのアプリがおすすめ?

個人的にはeBookJapanがおすすめです。(私も利用しているというのもありますが)

理由としてはPayPayが使えて、PayPayポイントを溜めて、色んな所で利用できるのが魅力の一つです。

また、購入タイミングを週末にして、コミックウィークエンドのキャンペーンを利用することで、20%のポイント還元もあるので、ポイント購入にすることで安く購入することも可能になるからです。

他にも漫画だけでなく、雑誌や小説も読めるのも魅力だと思います。

まとめ

以上、横山光輝の漫画「三国志」が電子書籍で読めるか、読む場合のおすすめアプリについて紹介させて頂きました。

電子書籍で読めるサービスは、eBookJapan、LINEマンガ、DMMブックスの3社となります。

その中でおすすめするアプリは、PayPayが利用できるPayPayポイントの還元があるキャンペーンを上手に活用すると他のサービスより安く買える溜まったPayPayポイントの利用対象先が広いという観点より、eBookJapanをお勧めさせて頂きました。

横山光輝の漫画「三国志」を電子書籍で読みたい方の参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました