夏休みの子供向け映画2024ベスト9!おすすめ作品をランキング形式で紹介!

映画
このサイトはアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を掲載しています。

子供にとっては嬉しすぎる夏休み。

お子さんと一緒に遊びたい気持ちもあるけど、あまりの暑さに外で遊ぶ気がしないというパパさん・ママさんもいらっしゃるのではないでしょうか。

そんなパパさん・ママさんにおすすめなのが、お子さんと一緒に居ながら涼みつつ楽しめる映画鑑賞。

お子さんもポップコーン食べながら、美味しいジュースを飲んで、楽しい映画を見れたら喜んでくれること間違いなし!

ということで、今回は『夏休みの子供向け映画2024ベスト9!』ということで、独自の評価でおすすめ映画をランキング形式にてご紹介したいと思います。

この記事が参考になる方
  • 夏休みに子供と映画にいこうと考えている方
  • 夏休みは室内でゆっくり過ごしたい方

この記事で分かること
  • 夏休みに上映されている子供と一緒に楽しめる映画
  • 夏休みに上映されている映画のあらすじとみどころ
  • 夏休みに上映されている映画の上映時間(予想含む)

夏休みの子供向け映画2024ベスト9!おすすめ作品をランキング形式で紹介!

今回は独自の評価でランキング形式にて、おすすめの子供向け映画をご紹介させて頂きますが、子供向け作品といえども、お子さんの年齢によって好みも分かれるかと思いますので、以下の評価ポイントで順位付けしてみました。

言葉の定義は私なりの定義で正確な意味を表していないことはご了承ください。

評価ポイント
  • ドキドキ感:楽しくて興奮している感じ
  • ワクワク感:次の展開が楽しみになっている感じ
  • ハラハラ感:次の展開が心配になっている感じ
  • うるうる感:感動して泣きそうになる感じ
  • ゲラゲラ感:楽しくて声を出して笑いそうな感じ
  • 年齢範囲:年齢層の広さ(評価が多い方が広い)

かくいう私も映画を見ているわけでは無いので、個人の想像や感想が主観となることをご了承下さい。

それでは見ていきましょう!

順番は公開日の早い順からとし、ランキング形式での紹介はまとめの部分でさせていただきます。

夏休み子供向け映画2024BEST9!/キングダム大将軍の帰還

原作漫画も大人気の『キングダム』

今回は前作『運命の炎』の続編で『馬陽の戦い』を描いた第4作品となります。

舞台背景は紀元前(春秋戦国時代)の中国で、7つの国に分かれた時代から、1つの国に統一される、秦の始皇帝の時代となります。

主人公は秦の始皇帝(吉沢亮)の配下となる『信(山崎賢人)』が熱き戦いを繰り広げながら、『天下の大将軍』という夢に向かっていくストーリーです。

公開日は7月12日(金)~

あらすじ

前作『運命の炎』は秦の隣国である趙の進行に対して、天下の大将軍である王騎(大沢たかお)を総大将として迎え撃つ秦。

初戦では王騎の作戦により飛信隊の信が、趙の軍師レベルの将軍である馮忌(ふうき/片岡愛之助)を討ち取り、初戦の夜を喜んでいたところに不穏な男が一人。

その男は圧倒的武力を誇る、武神・龐煖(ほうけん/吉川晃司)

天下の大将軍・王騎と武神・龐煖には因縁の過去が。

その二人の因縁を遠くで眺める、もう一人の趙将・李牧(りぼく/小栗旬)。

謎めいた因縁の過去を描きながら、二人の熱い戦いに終止符が打たれる。

みどころ

衝撃的で涙なしには見られない感動のラストが待ち受けている『キングダム大将軍の帰還』

今回のみどころは以下のポイントだと思います。

  • 王騎と龐煖の過去
  • その過去にかかわるもう一人の六大将軍:摎(きょう)の存在
  • 李牧が描く盤面とは
  • 天下の大将軍を目指す信と天下の大将軍である王騎との景色
  • スケールの大きなアクションシーン

キングダムファンとしては書き出したらネタバレしそうなので、この辺でとどめておきますが、とにかく今回描かれる『馬陽の戦い』が、キングダムを一大人気漫画に押し上げたといっても良いと思える部分で、最後には涙なしでは見られないシーンが待っているはずです。

毎回圧巻なアクションシーンも見どころの1つで、今回はラストシーンでの騎馬隊シーンも見どころになると思っています。

SNSでの期待度

SNSでもこの映画を楽しみにしている事が分かる以下の様な投稿が多く見られます。

  • 予告だけですでに泣きそう
  • 王騎が主役っぽい大将軍の帰還はめっちゃ楽しみ
  • 公開待ち遠しいなぁ
  • ポスターも予告映像も迫力が凄い

個人目線での評価

そんな映画『キングダム大将軍の帰還』の完全な個人目線評価は以下です。

評価
ドキドキ感4.0
ワクワク感3.0
ハラハラ感4.0
うるうる感5.0
ゲラゲラ感1.0
年齢範囲4.0
ムービーウォーカーでの「みたい」の数2,728みたい
あくまでも個人の感想・目安であることをご了承下さい
ムービーウォーカー評価は2024年5月11日調査時点となります

夏休み子供向け映画2024BEST9!/劇場版すとぷり はじまりの物語

YouTubeで人気となった『ストプリ』

歌い手やゲーム実況などで活動するメンバーで構成されたアイドルユニットで、紅白歌合戦や5大ドームツアーも敢行したり、ゲームアプリも作られるほどの人気ぶり。

YouTube公開の公式チャンネルである『すとぷりちゃんねる』は、いまやその再生回数が7億5500万を突破しているというから驚きですよね。

そんな人気の初めての映画化となります。

アニメーションは『るろうに剣心 明治剣客浪漫譚』も手掛けたライティングフィルムによるもので、6人のイケメンぶりを楽しめるビジュアルになっています。

公開日は7月19日(金)~

あらすじ

まだ多くは語られていませんが、タイトルにあるように、これまでに知られていなかった『すとぷり』のはじまりについてが描かれているようです。

みどころ

大人気の『すとぷり』のはじまりを描く映画『劇場版すとぷり はじまりの物語』

今回のみどころは以下のポイントだと思います。

  • 6人の出会いと青春
  • すとぷり結成の理由
  • 売れっ子になるまでの苦労

SNSでの期待度

大人気だっただけに、映画化自体を喜んでいるコメントも多くみられますね。

  • 夏が待ち遠しいです…楽しみ
  • 映画館に何回観に行こうかなぁ
  • まさか映画化するなんて思ってなかったから楽しみすぎるよ
  • 映画化決定と聞くとやっぱりジーンとします。

個人目線での評価

そんな映画『劇場版すとぷり はじまりの物語』の完全な個人目線評価は以下です。

評価
ドキドキ感4.0
ワクワク感5.0
ハラハラ感2.0
うるうる感3.0
ゲラゲラ感2.0
年齢範囲2.0
ムービーウォーカーでの「みたい」の数919みたい
あくまでも個人の感想・目安であることをご了承下さい
ムービーウォーカー評価は2024年5月11日調査時点となります

夏休み子供向け映画2024BEST9!/怪盗グルーのミニオン超変身

いわずと知れた『怪盗グルー&ミニオン』シリーズの最新作。

今回の作品ではついに?グルーとルーシーの間に赤ちゃんが生まれます!

愛しい我が子にメロメロなグルーに対して、完全ママっこなグルーJrが大暴れしそうな本作。

グルーJrとミニオン達のからみが見ものですね。

公開日は7月19日(金)~

あらすじ

妻と3人の娘たちと幸せに暮らしているグルーの一家に、グルーと瓜二つの息子が誕生する。グルーは息子を甘やかすが、いくらあやしても息子は好意的な表情も仕草も見せる様子がない。一家はミニオンたちと、新しい町で身分を隠し暮らそうと奮闘するのだが……グルーたちに

顔はそっくりでもなかなかグルーに懐かない息子ながらも、目に入れても痛くないという感じで溺愛しているグルー。

新たな家族を迎えて幸せに暮らすグルー一家。

怪盗だけに素性がばれにくいように、これまで住んでいた場所から新たな場所で、身を潜めて穏やかに暮らそうとしますが、グルーの因縁のライバルが幸せいっぱいなグルーの家族を狙って、新たな町での大奮闘。

ミニオン達もボスであるグルーのために超特訓を行って進化を遂げる!

みどころ

いつもワクワクしながら楽しめる怪盗グルーシリーズ『怪盗グルーのミニオン超変身』

今回のみどころは以下のポイントだと思います。

  • 何と言っても新たな家族のグルーJrの可愛くて面白い行動
    (既にパパいやいや期が来てるのが笑えます)
  • グルーJrの名前は?(Jrのまま?)
  • グルーと宿敵との対決の展開(あの巨大ロボットは?)
  • ミニオン達の超変身(進化)とは?

ミニオンとグルーJrも加わって、ミニオン達と子供達がどんな活躍・騒動を見せてくれるかは、いつもながらの楽しみ一味加わって、より楽しく見れそうですね。

また、今回は7年ぶりの新作ということもあって、ミニオンファンにとっては新作というだけで、作品全体が見どころになるのでは?

またタイトルにもある、ミニオン達の超変身とはどういった変身なのかも楽しみの1つだと思います。

SNSでの期待度

SNSでもこの映画を楽しみにしている事が分かる以下の様な投稿が多く見られます。

  • 7月の映画は『怪盗グルーのミニオン超変身』に決まり
  • 家族で見に行きたい
  • 公開が楽しみ
  • ムビチケで前売り券買ってアクスタゲット

個人目線での評価

そんな映画『怪盗グルーのミニオン超変身』の完全な個人目線評価は以下です。

評価
ドキドキ感4.0
ワクワク感5.0
ハラハラ感4.0
うるうる感3.0
ゲラゲラ感5.0
年齢範囲4.0
ムービーウォーカーでの「みたい」の数3,827みたい
あくまでも個人の感想・目安であることをご了承下さい
ムービーウォーカー評価は2024年5月11日調査時点となります

夏休み子供向け映画2024BEST9!/ヤマトよ永遠に REBEL3199 第一章 黒の侵略

お子さんというよりはむしろパパさんの方が楽しんでしまう作品かもしれない、宇宙戦艦ヤマトのアニメシリーズ。

1974年にTV放映されて今年で50周年を迎える『宇宙戦艦ヤマト』

話としては『宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち』の続きで過去のアニメ映画『ヤマトよ永遠に』とTVアニメ『宇宙戦艦ヤマトIII』をベースとしつつ、新たなストーリーとなっているようです。

全部で七章の公開が予定されており、今回がその始まりの第一章となるので抑えておきたい所でもありますよね。

公開日は7月19日(金)~

あらすじ

前作の話である、ガミラス本星とイスカンダル星が消滅した事件から2年の月日が流れたあとの話。

突如現れる謎の巨大物体:グランドリバースが地球防衛軍をものともせずに、地球の新首都に上陸。

そこからの降下兵や上陸する戦車に、いとも簡単に首都は制圧されてしまう。

緊急事態に対して、イスカンダル事変後に解散していた旧ヤマト艦隊クルーに、「ヤマトへ集結せよ」との極秘司令が下され、首都奪還に向けて動き出します。

みどころ

むしろお父さんが見たい映画『ヤマトよ永遠に REBEL3199 第一章 黒の侵略』

今回のみどころは以下のポイントだと思います。

  • クルーたちの強い責任感
  • スピード感と迫力のあるヤマトの動き
  • 侵略者の正体
  • 古代進と森雪の2人の愛
  • 旧作との違い

アニメの先駆けといえば『宇宙戦艦ヤマト』といっても過言ではないほどの人気作品。

その人気は地球を救うという物語の中に古代進と森雪のラブストーリーも含まれるストーリー性も当然ながら、各シーンに引き込まれていくような音楽、見ていて心が躍るデザインなど、いろんな感覚を研ぎ澄まさせてくれるところだと思います。

前作からの続きということで、イスカンダル事変に職務の解任と配置転換を言い渡された旧ヤマトクルーや廃艦扱いとなっていたヤマトへの期待と復活まで展開は、本作の序章としてしっかりと確認しておきたいところだと思います。

また、熱烈なファンにとっては、過去作品のリメイク版になるので、過去作品との違いがどこなのか?もみどころの1つだと思います。

SNSでの期待度

コメントの数は決して多くはありませんが、通ならではのコメントという感じを受けました。

熱烈なファンには待ち遠しい7月のようです。

  • 良い意味で予想を裏切ってくる
  • 前作制覇したので今回のREBEL3199も制覇したい
  • 数量限定のポスターゲット
  • 映画予告に出てきた。ヤマト観たい!

個人目線での評価

そんな映画『ヤマトよ永遠に REBEL3199 第一章 黒の侵略』の完全な個人目線評価は以下です。

評価
ドキドキ感5.0
ワクワク感5.0
ハラハラ感5.0
うるうる感3.0
ゲラゲラ感1.0
年齢範囲2.0
ムービーウォーカーでの「みたい」の数552みたい
あくまでも個人の感想・目安であることをご了承下さい
ムービーウォーカー評価は2024年5月11日調査時点となります

夏休み子供向け映画2024BEST9!/仮面ライダー THE SUMMER MOVIE2024/仮面ライダーガッチャード&爆上戦隊ブンブンジャー

夏休み恒例の仮面ライダーとヒーロー戦隊のコラボ上映(2本立て)。

今年は仮面ライダーガッチャードと爆上戦隊ブンブンジャー。

ガッチャードは地上波で懐かしのディケイドが登場して盛り上がっているので、気分上々で映画も見れるとお子さんも喜びそうですね。

公開日は7月26日(金)~

あらすじ

『仮面ライダーガッチャード』は歴史をゆるがすような『ガッチャ』により大事件が起こる中で、人間と人口生命体であるケミーが平和に暮らす世界に向けた最終章の戦いに突入か。

『爆上げ戦隊ブンブンジャー』はレーシングスーツに身を包んだヒーローが自作のスーパーマシンで、宇宙のならず者『ハシリヤン』から地球を守るために戦い、地上波以上に熱い感動を届けてくれる。

みどころ

男子大好き戦隊ヒーローの夏休み恒例映画『仮面ライダー THE SUMMER MOVIE2024』

今回のみどころは以下のポイントだと思います。

  • 大画面でのヒーロー達の迫力ある活躍シーン
  • いつも(地上波)より長いストーリー

何と言っても、劇場版の見どころは大画面でのヒーロー達の迫力ある活躍シーンだと思います。


普段の地上波シリーズでは撮影期間や予算の関係でなのか、活躍するシーンが体育館前やちょっとした広場等で、昭和世代のパパさん達からすると、少し物足りなさを感じると思うのですが、劇場版になると、広大場所での爆破シーン等も楽しめるので、お子さん達も普段見れないシーンに大興奮ではないでしょうか。

普段の地上波には無いストーリーも、いつもと違うヒーロー達を見れて、お子さんの目もキラキラしてること間違いなしだと思います。

SNSでの期待度

SNSでは夏休み恒例のヒーローコラボ映画でありつつ、今回のタイトルで仮面ライダーとブンブンジャーがどう絡むのかが気になっている人が多いイメージです。

  • 仮面ライダーサマームービーってどういうこと?
  • 仮面ライダーサマームービーってタイトルをメインにしてるってことはブンブンジャーメインの映画じゃないってことかな?
  • 仮面ライダーとブンブンジャーの共作か2本立てなのか気になる

個人目線での評価

そんな映画『仮面ライダー THE SUMMER MOVIE2024』の完全な個人目線評価は以下です。

評価
ドキドキ感4.0
ワクワク感5.0
ハラハラ感4.0
うるうる感3.0
ゲラゲラ感1.0
年齢範囲1.0
ムービーウォーカーでの「みたい」の数115みたい
あくまでも個人の感想・目安であることをご了承下さい
ムービーウォーカー評価は2024年5月11日調査時点となります

夏休み子供向け映画2024BEST9!/パウ・パトロール パウ・パーティー in シアター 2024

ちいさいお子さん大好きな『パウパト』

昨年夏にも公開された企画上映イベントが今年の夏もやってきます。

小さなお子さんでも楽しめるように、館内照明を明るめにしたり、スピーカーの音量を控えめにしたりと配慮されているので、初めて映画館にお子さんをつれていくことを考えている、パパさん・ママさんは気遣いも減って、楽しい思い出を作れる映画になるのではないでしょうか。

公開日は7月26日(金)~

あらすじ

日本初公開となる4つのエピソードが放映されます。

アドベンチャー・ベイで暮らしている少年ケントが街のトラブルを防ぎ、安全・安心な街づくりに向けて奮闘する内容が描かれます。

みどころ

世界中の子供に大人気の『パウパト』の企画上映イベント『パウ・パトロール パウ・パーティー in シアター 2024』

今回のみどころは以下のポイントだと思います。

  • 人助け、友情、元気を与えてくれるストーリー
  • 日本初のエピソード
  • お子さんも一緒に楽しめるパウパトダンスや記念撮影

小さなお子さんに優しい心を育んでくれる、可愛くて頼もしい子犬たちチェイス、マーシャル、ラブル、ズーマ、ロッキー、スカイ達の活躍ぶりは見どころですよね。

また、映像もハイレベルで、小さなお子さんが興味を示すのもうなずけるクオリティーだと思うので、ストーリーに加えて描写も楽しみの要素だと思います。

他にもおなじみのパウパトダンスを一緒に踊ったり、記念撮影をしたりできるようになっているのも、企画上映ということで、喜ぶお子さんを見るのも楽しみの1つだと思います。

SNSでの期待度

企画上映ということで、昨年のコメントからは小さなお子さんが映画館の雰囲気を怖がらずに楽しめたことが伺えますね。

  • とっても楽しかったです
  • みんなパウパトロール大好きっ子集まっているからめっちゃ平和な空間だった
  • 音量も大きすぎず、照明も真っ暗にはならず、大画面でキャラの活躍を楽しんでいた
  • お土産も買えて満足

個人目線での評価

そんな映画『パウ・パトロール パウ・パーティー in シアター 2024』の完全な個人目線評価は以下です。

評価
ドキドキ感3.0
ワクワク感4.0
ハラハラ感2.0
うるうる感3.0
ゲラゲラ感3.0
年齢範囲1.0
ムービーウォーカーでの「みたい」の数109みたい
あくまでも個人の感想・目安であることをご了承下さい
ムービーウォーカー評価は2024年5月11日調査時点となります

夏休み子供向け映画2024BEST9!/インサイド・ヘッド2

2015年に公開されたディズニー/ピクサー作品『インサイド・ヘッド』の続編です。

1作目の監督は『モンスターインク』や『カールじいさんの空飛ぶ家』でおなじみのピート・ドクター。

11歳の少女ライリーの頭の中ある『喜び』・『悲しみ』・『怒り』・『ムカムカ』・『ビビリ』という5つの感情が5人のキャラクターとなって、それぞれの感情をぶつけあいながらも、その感情を持つライリーを幸せにするために協力しあうという、人の感情を描いた作品で、子供だけでなく大人も楽しめたと評判だった1作目の続編だけに、パパ製作さん・ママさんも一緒に楽しめる作品ではないでしょうか。

今回の監督はトイ・ストーリー3の制作にも携わった、ピクサー・アニメーション・スタジオのケルシー・マンで今回が長編映画デビュー作となるようです。

公開日は8/1(木)~

あらすじ

続編も1作目と同様に主人公はライリーの感情を描く形ですが、前回より少し大人になって思春期を迎えたライリーは、大人になったことで、これまでの『喜び』・『悲しみ』・『怒り』・『ムカムカ』・『ビビリ』という5つの感情にあらたな感情が加わってきます。

その新たな感情が『心配』『良いなぁ』『だるい』『恥ずかしい』というもの。

思春期は多感な時期なので感情も増えてくるということで、その新たな感情たちの方がこれまでライリーの中にいた5人の感情より強くなって、ライリーを支配してしまいます。

素直だった子供の頃に比べると、新たな感情に支配されてトゲトゲしい生活を送ってしまうなかで、ライリーの幸せを取り戻すために、『ヨロコビ』『カナシミ』『イカリ』『ムカムカ』『ビビリ』の5人が力を合わせて、ライリーの幸せを取り戻そうと奮闘する感動の物語になっているようです。

みどころ

人の感情をキャラクターにして、感情の起伏を描く感動作品の『インサイド・ヘッド2』。

今回のみどころは以下のポイントだと思います。

  • 思春期になって芽生える感情の描かれ方
  • 新たな感情たちの特徴
  • 思春期あるある
  • 思春期という多感な時期を乗り越える感情の描かれ方
  • いろんな感情がうごめく司令部(あたまの中)

そろそろ思春期を迎えそうなお子さんや、ちょうど思春期となるお子さんをお持ちのパパさん・ママさんは、映画を楽しみながら子供の感情を捉えるのには良いかもしれませんね。

思春期の子が一緒に映画に行ってくれるのか?という疑問があるかもしれませんが、そういう時だからこそお子さんを映画に誘ってみても良いかもしれませんね。

見どころ以外にも、ムビチケ購入後に参加できる、大人気のリアル脱出ゲームは、コナンたちと一緒に謎解きをしていくので、参加者が映画の登場人物になったと錯覚するほどの大人気イベントも楽しみの1つですね。

日本語吹き替え版の声優さんは以下です。

  • カナシミ:大竹しのぶ
  • ムカムカ:小松由佳
  • ビビリ: 落合弘治
  • イカリ:浦山迅
  • ヨロコビ:小清水亜美

ヨロコビは前作が竹内結子さんだったので、今回は小清水亜美さんに代わっているところにも注目したいですね。

SNSでの期待度

SNSでもこの映画を楽しみにしている事が分かる以下の様な投稿が多く見られます。

  • 絶対みる
  • 悲しみの大切さを教えてくれる作品
  • 公開が待ち遠しい

個人目線での評価

そんな映画『インサイド・ヘッド2』の完全な個人目線評価は以下です。

評価
ドキドキ感4.0
ワクワク感4.0
ハラハラ感3.0
うるうる感5.0
ゲラゲラ感3.0
年齢範囲5.0
ムービーウォーカーでの「みたい」の数1,199みたい
あくまでも個人の感想・目安であることをご了承下さい
ムービーウォーカー評価は2024年5月11日調査時点となります

夏休み子供向け映画2024BEST9!/僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ユアネクスト

コミックの世界累計部数が1億部を突破し、アニメも第7期に突入した世界的に大人気の漫画『ヒロアカ』の劇場版と言うことで、早速注目されている映画です。

週間少年ジャンプらしい、仲間との絆や成長、勝利に向けた強い心を描く、ヒーローアクションなので、漫画含めて作品を見たお子さんの心に新たな強い気持ちが芽生えること間違い無しの作品ではないでしょうか。

公開日は8月2日(金)~

あらすじ

出久たちが雄英2年目の春に勃発した、ヒーロー達とヴィラン(敵)との激しい戦いで荒れ果てた世界に突如現れる謎の巨大要塞。


更にはかつて“平和の象徴”であったレジェンドヒーローのオールマイトを思わせる男(ダークマイト?)が出久たちの前に立ちはだかり、話は展開していきます。

みどころ

人の感情をキャラクターにして、感情の起伏を描く感動作品の『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ユアネクスト』。

今回のみどころは以下のポイントだと思います。

  • 熱いバトルを通じてはぐくまれる友情
  • オールマイトとダークマイトの関係

ヒロアカの楽しさと言えは、少年心をくすぐる、熱いバトルと友情を描くストーリーにあると思います。

今回は新たな象徴の出現しますので、出久達とどの様に絡んでいき、友情を育むのか、はたまた敵として熱い戦いを繰り広げるのかも楽しみの1つですね。

第1~3作に続き、原作者の堀越先生が描く完全オリジナルストーリーで、超胸アツの“PLUS ULTRA(プルスウルトラ)なヒロアカ世界は楽しみ以外のなにものでもありませんね。

ダークマイトと出久達との戦いも楽しみですし、ダークマイト役を三宅健太さんが演じることも決まってますので、若干声を変えてくるのか、まったく変えずに2役演じるのかも見どころの1つかと思います。

SNSでの期待度

SNSでもこの映画を楽しみにしている事が分かる以下の様な投稿が多く見られます。

  • 8月が楽しみすぎる
  • 絶対みる!毎回泣く
  • マンガの方もアツい展開の中での映画化で楽しみすぎる
  • めっちゃカッコいい
  • これはうちの子見たがるな

個人目線での評価

そんな映画『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ユアネクスト』の完全な個人目線評価は以下です。

評価
ドキドキ感4.0
ワクワク感4.0
ハラハラ感4.0
うるうる感3.0
ゲラゲラ感2.0
年齢範囲4.0
ムービーウォーカーでの「みたい」の数742みたい
あくまでも個人の感想・目安であることをご了承下さい
ムービーウォーカー評価は2024年5月9日調査時点となります

夏休み子供向け映画2024BEST9!/映画クレヨンしんちゃん オラたちの恐竜日記

今回で31作目となる、映画クレヨンしんちゃんシリーズ。

普段はおふざけで笑いを提供してくれるのですが、映画になると家族愛や友情と、おふざけの中にも感動的なシーンをたくさん盛り込んできて、お笑いと感動を味わえます。

今回もそんな要素と、お子さん大好きな恐竜をテーマにした作品なので、お子さんも大好きな恐竜を見ながら楽しく家族愛や友情の大切さを学べる作品なのではないでしょうか。

公開日は8月9日(金)~

あらすじ

夏休みを前に、ドキがムネムネ~なしんちゃん。そんな時に、誰もがビツクリなビッグニュースが入ってきます。
その内容はジュラシック・パークを彷彿させる、生きた恐竜が存在するテーマパークとなる『ディノズアイランド』が東京でオープンするというもの。

特別招待されたしんちゃん達『カスカベ防衛隊』が『ディノズアイランド』を楽しみます。

全世界が注目する『ディノズアイランド』から世の中は恐竜フィーバーとなるなかで、春日部の河原に迷い込んだ小さな恐竜を野原家の愛犬シロが見つけて夏休みを恐竜と共に過ごすことになります。

『ナナ』と名付けた恐竜と生活するなかで得られる『大切な思い出』と『ひと夏の成長』

そんな中で大きな秘密を持った『ナナ』に何が起こるのか。

みどころ

人の感情をキャラクターにして、感情の起伏を描く感動作品の『映画クレヨンしんちゃん オラたちの恐竜日記』。

今回のみどころは以下のポイントだと思います。

  • しんちゃんの独特な世界観
  • 大画面で見る恐竜
  • 恐竜『ナナ』との成長
  • 恐竜『ナナ』の秘密

いつもながらのしんちゃんワールド&ワードで独特な物事の捉え方とセリフはしんちゃんの映画の楽しみの1つですよね。

それに加えて今回は恐竜映像も楽しめるので、恐竜好きなお子さんは自分の好きな恐竜が大画面に出て来るかも見どころの1つだと思います。

また、『ナナ』との生活を通して得られるしんちゃんやひまの成長と思い出は小さなお子さんの感動ポイントだと思います。

何より『ナナ』の秘密が気になりますよね。

SNSでの期待度

SNSでもこの映画を楽しみにしている事が分かる以下の様な投稿が多く見られます。

  • しんちゃん大好きな娘と一緒に見に行きたい
  • 一番待ち遠しくて早く見たい
  • ドラえもんのび太の恐竜公開から44年目での恐竜映画は偶然?

個人目線での評価

そんな映画『映画クレヨンしんちゃん オラたちの恐竜日記』の完全な個人目線評価は以下です。

評価
ドキドキ感3.0
ワクワク感4.0
ハラハラ感3.0
うるうる感3.0
ゲラゲラ感4.0
年齢範囲3.0
ムービーウォーカーでの「みたい」の数579みたい
あくまでも個人の感想・目安であることをご了承下さい
ムービーウォーカー評価は2024年5月11日調査時点となります

まとめ

以上、2024年の夏休み子供向け映画BEST9を紹介させて頂きました。

以下では、お子さん主体で考えた場合、ムービーメーカー評価、管理人の意見も強い順番でランキング形式で並べてみたいと思います。

お子さん主体で考えると、お子さんが知っているものということで、メジャーな順に並べつつ、大人向け要素が入ったものを避けて、以下の順位になるのではないでしょうか。

  • 1位:ミニオン
  • 2位:インサイドヘッド
  • 3位:クレヨンしんちゃん
  • 4位:すとぷり
  • 5位:パウパト
  • 6位:仮面ライダー
  • 7位:ヒロアカ
  • 8位:キングダム
  • 9位:宇宙戦艦ヤマト

ムービーウォーカーの『みたい』順に並べると以下になります。

ただ、この数字は大人の方の意見が多いと思われるので、一概にこの順番でお子さんがみたいかということではない気もします。

一緒に見るママやパパも楽しみたい場合は、ある程度参考になるのではないかと思います。

ただ、戦いのシーンが仮面ライダーやブンブンジャーに比べるとリアリティが出てきますので、年齢制限はないのですが、ご注意くださいね。

  • 1位:ミニオン3827
  • 2位:キングダム2728
  • 3位:インサイドヘッド1199
  • 4位:ストプリ919
  • 5位:ヒロアカ758
  • 6位:クレヨンしんちゃん579
  • 7位:宇宙戦艦ヤマト:552
  • 8位:仮面ライダー115
  • 9位:パウパト109

今年の夏休みも楽しい映画が満載なので、ぜひとも涼みながら、お子さんと映画を楽しんでいただければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました